学びの内容と教員(幼児保育学科)

幼児保育学科学科長 教授 笠野 恵子

教員

自分の夢である、それぞれの「保育者像」に向かって、一緒に取り組んでいきます。

「保育」という言葉は、保護・教育保護・養育保護・育成などを意味します。そして「保」という字は、人が子どもを産着に包んで背負っている様子を表したものです。

また「保育」とは保護者が適当な環境を与えたり援助をしたりすることにより、子どもの生命を保持し情緒の安定を図るとともに、活動が豊かに展開されることを通して子どもが主体的に健やかに成長できるようにすることです。

本学科では、学生自身が自ら保育の専門家としての知識や技術を伸ばすことができるように担当科目の異なる教員同士が、連携し、学生の悩みなどに対応して一緒になって取り組んでいくのが特徴です。また、保護者の方とも連絡をとりながら、学生の進路相談などにも日々、細かく対応していきます。同じ夢に向かう仲間と共に本学で私達と学びませんか。

幼児保育学科 講師 可児 みづき

教員

演習や実習を通し、互いに学び合うことで基礎力を高め、実践保育を身につけます。

皆さんが保育を学んでいくとき、自分自身は、周りの人とは、どのように成長してきたかを振り返ることになるでしょう。その視野は、それらに影響を与えた文化や環境、人類の歩みにも広がります。

皆さんには、それら歴史を受け入れつつ、未来に向けて子どもの成長をどのように支えることができるのか、改めて自分の可能性を広げていただきたいと思います。

保育者において「学び続ける」ことは重要です。本学もその基礎習得のため、プログラムの充実に努めています。例えば、発達という視点を様々な科目を貫いて学ぶことになります。この視点はひとの育ちを捉え、実際の保育方法を考え、実践していくときの助けとなります。さらには、一人で学び続けるのではなく、演習や実習を通して、人から学び、また共に学び合うことの楽しさと意義を知って欲しいと思っています。

保育士や幼稚園教諭はやりがいのある仕事です。卒業後に向けてしっかりサポートしていきますので、安心して扉をたたいてください。

幼児保育学科

保育内容総論准教授 西島 宣代

歴史を踏まえつつ社会状況に応じた教育・保育方法のあり方を学ぶ

社会構造の変化にともない、保育環境・保育形態も少しずつ変わってきています。近年、認定こども園の参画により、保育現場は、「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」の基準に沿って、保育・教育の実践がなされています。基本的専門知識を習得し、活かす手法を身に着けます。

保育課程論・保育実習指導教授 笠野 恵子

子どもとふれあい実践力を磨く

実習は、保育の現場で子どもや保育者と関わりながら学ぶことのできる大切な機会です。短大で学んだ理論や実技を基礎として、これらを総合的に実践する応用力を養い、身につけた知識をより確かなものにしていきます。

保育相談支援准教授 牛島 豊広

保護者の子育てをする力を信じ支援する

保育士には、子どものケアだけでなく、保護者に対する子育て相談に取り組むことが求められています。保護者自身が自信をもって子育てしていくためには保育者はどのような関わりが必要なのでしょうか。講義では、保育所等の場面を想定しながら、学生同士で保育者と保護者の役割を担い、いくつもの相談場面を体験していきます。

基礎音楽講師 田邊 裕子

多彩な音楽表現を学び情操を養う

歌や楽器遊びが大好きな子どもたちと楽しく音楽活動が展開できる保育者を目指すために、基礎的な音楽技術や表現力を高めます。ピアノ経験に合わせた弾き歌いにチャレンジするピアノ個人レッスンや、グループでのボディパーカッション等を体験しながら学びます。

保育者の心理学Ⅰ講師 村上 義次

子どもの心と体の発達について、心理学的視点で学ぶ

「ひとが育つ」ことを、発達・教育心理学的視点から紹介します。今まで何気なく見ていた「子どものすがた」が輝きと驚きをもって感じることができるはず。この研究分野の最新の研究も、保育実践に関連づけつつ、なるべくわかりやすく紹介していきます。

教育原理・教育制度論講師 可児 みづき

思想・制度理解から、教育・保育を見直す

教育・保育は制度化され、社会からの要望や必要に応じた変化も求められます。しかし、私たちの行為や思考も制度からの影響を受けているため、変化は容易ではありません。変化に応じた知や行為の創出には、教育・保育の思想や制度の成立、現代的課題を理解することが重要です。共に学んでいきましょう。

幼児体育教授 村上 清英

子どもの発育に応じた身体づくりの基礎やプロセスを学ぶ

乳幼児期における子どもの発育・発達に応じた運動遊びや安全管理について理解を深めていきます。具体的には、様々な運動遊びを行い、子どもが熱中する運動遊びを創作し、その支援・実践法について考えていきます。