卒業後の進路(経営福祉学科 介護福祉士コース)

就職?進学?どんな希望にも道を拓くきめ細やかなサポート体制で学生を支援します。

主な就職先(平成27年度実績)

《特別養護老人ホーム》
錦ヶ丘ホーム/照古苑/みやび園/みなみ園/しらぬい荘/すずらんの里/安寿の里/たいめい苑/蕉夢苑/なかばる紀水苑

《介護老人保健施設》
景雅苑/タンポポ/白藤苑

《認知症対応型共同生活介護事業所:グループホーム》
神苑

《サービス付高齢者向け住宅》
福生紀水苑

《通所介護事業所》
はるかぜ/すずらんの里

《介護付き有料老人ホーム》
紀水苑東久留米

《障がい福祉サービス事業所》
氷川学園

《一般企業》
合資会社那須商店/有限会社K’sテクニカ/株式会社SB Good Industry/株式会社DNS

《進学》
八代看護学校

Graph

OG・OB Interview

わたしたちの【福祉力】が、時代を支えるチカラになる!

OB介護する側される側の負担にならない正しい知識や技術を学ぶことが大切。

介護福祉士の資格取得を目指すようになったのは、中学生の時に行った介護施設での職場体験がきっかけでした。知識や技術を正しく学べる場があるということは大切なことです。介護の現場で感じたのは、学校で習ったことで理屈はわかっていますが、実践が伴わず、はじめのころは、上手に支援ができず、時間もかかってしまっていました。利用者さんそれぞれの特性も違うので、対応の仕方も一通りではありません。改めて介護の実践の難しさを実感しました。

学校で学んだ介護技術があるからこそ、先輩方のアドバイスを的確に理解し、少しずつ実践できるようになってきました。また、介護する側とされる側にも負担が少ないコツを習得でき、健康体で利用者さんの様々な要望にも応えることができると思います。

介護の現場で働きはじめて1年が経ち、まだまだ基礎固めの時期であり、目の前の忙しさで余裕なく働き続けています。先のことではありますが、自分のスキルをもっと高めるために職場内の色々な部署を経験して、将来は介護支援専門員(ケアマネージャー)を目指したいです。

これから介護福祉士を目指される方へのアドバイスとしては、学校で学ぶことは、介護福祉士として適切に働くことへの土台つくりです。卒業後は介護福祉士へと歩み出して欲しいです。そして介護福祉士として、一緒に働きましょう。

経営福祉学科 介護福祉士コース卒業 鈴木 翔夢さん特別養護老人ホーム 蕉夢苑:宇城市 勤務

OB離職後に始めた介護への道。大事なのは、笑顔でのコミュニケーション。

前の仕事を辞め、ハローワークで「離職者等再就職支援制度」があることを知りました。介護事業へ向かっている社会的な背景もありましたが、以前に妻の母の介護をしたことがあり、自分に合っている仕事と思い、介護福祉士を目指すことにしました。介護の資格を取得するために中九州短期大学へ入学いたしました。

学校では授業や演習、そして施設での実習も楽しく、キャンパスにはとけ込みやすい空気があり、他の学生との年齢の差はあまり気にならず、公私とも学生生活をエンジョイできました。また「ざぼん祭り(学園祭)」では、介護福祉士コースの学年別で模擬店を出店しました。その際にそれぞれの役割を決めて仲間たちと協力し、来店されたお客様に満足してもらえるようという一つの目標に向かい団結し、仲間たちと心を一つにできた事がとてもよい思い出です。

様々な授業科目がありましたが、特に印象にあるのは「コミュニケーション技術」とうい科目です。自己覚知について学ぶために、自分自身のことを人前で話したり、他者のことを理解するために、目の前の相手のことを観察したり的確な質問をしたりして、人との繋がることの大切さを知りました。改めてコミュニケーションの技術を身に付けることの重要性を学びました。この科目で学んだことは、働きはじめて、介護実践の現場でとても活かされています。

これからもスキルアップしていくために、介護支援専門員などの福祉の資格を取得して社会貢献できることを目指して行きたいと考えております。これから中九州短期大学で介護福祉士の資格取得を目指されるみなさまへ、基本を知ること、資格を得ることにより新しい自分を発見でき、巾の広い人生観が持てると思います。ぜひ学ぶことの大切さについて考えてみてください。最後に一言、職場の制服のアロハシャツ、とても気に入ってます。

経営福祉学科 介護福祉士コース卒業 土村 訓範さん介護老人保健施設 向春苑:八代市 勤務