経営福祉学科
介護福祉士コース

高齢化社会・長寿社会を迎え、人の健康・福祉に関する問題が大きな社会問題になっています。

このような社会状況に適切に対応するために、介護福祉士コースでは人と人との関わり合いやコミュニケーション能力、生活知識の習得をベースに、介護関連の知識や技術、パソコン、心理学などを幅広く学びます。

その結果「温かい人間性」と時代に適応する経営感覚を持つ介護福祉士を養成します。

また、インターンシップやボランティアなどを積極的に体験することで、現場に対応できる実践力が身につきます。

卒業後は、高齢者施設、障害者施設などの福祉施設に就職したり、在宅介護サービス提供責任者などの道へ進むことができます。

現役生 Interview

目標があれば、勉強は楽しい! 短大で君を待つ輝く学生たちの声

学生楽しく学習すること。仲間に会えること。自分のベースをしっかり創る場所。

母が介護の仕事をしていて、その影響が強く同じ仕事を目指すようになりました。高校時代に中九州短大の先生から話をうかがい、オープンキャンパスに参加。

そのときの学校の雰囲気、先生方のお話、生活環境などが印象に残りました。夢がかなえられる環境づくりがされていて、楽しく学べそうだと感じました。

入学して感じることは先生たちが最後まで丁寧な指導で各科目の学習を支えていただくこと。きびしい時もありますが、確実に自分の夢へ近づいている気がします。遅刻、欠席、また授業での記録もらし等、常に支障をきたす事がないようにと気をつけながら、日々勉強に励んでいます。現在はっきりとは決まっていませんが、社会の役に立つ介護福祉士を目指しています。

経営福祉学科 介護福祉士コース 宮内 奈美(野田女子高等学校 出身)

学生人見知りで勉強が苦手。でも友達ができ、教え合える仲間がいて、現在は学生生活が充実。

中学校卒業のころ、母が介護の仕事をしている職場を見学して、利用者との関わり、感謝されている姿などに触れることを体験したことが、介護福祉士の資格取得へ進むきっかけとなりました。

高校卒業後、就職するつもりでしたが「資格があった方がよい」と中九州短期大学の入学パンフレットを見せていただき、介護福祉士の資格や福祉用具専門員のことが載っていました。

人見知りで学生が多くいることが不安、勉強が苦手・・・でしたが、友達ができ、教え合える仲間がいて、現在は学生生活が充実しています。将来、介護の仕事に就きたいと強く思うようになりました。

経営福祉学科 介護福祉士コース 小堀 優佳(八代農業高等学校 出身)

OB・OG

カリキュラム

将来を見据えたキャリア支援カリキュラム

昨年から、キャリア支援カリキュラム「ライフプランニング」が新設されました。

このカリキュラムでは、学生がどのようなキャリアに適性があるのかを、専門教員との面談や試験、講義などを通じて探っていきます。

少人数のゼミ形式で行われるので「自分に合った仕事を見つけたい」という学生に対し、こまやかな指導をしていきます。

カリキュラム

カリキュラム

取得できる資格

  • 介護福祉士(国家試験受験資格)
  • 介護の専門的な知識や技術を持ち、身体・精神に障害があり日常生活に支障がある方の介護や、家族の方に指導をする国家資格です。
  • 社会福祉主事任用資格
  • 福祉事務所等で働くケースワーカーになるために必要な資格で、福祉施設での採用条件になることも多々あります。
  • 普通救命講習
  • 万が一に備えて、救急の手助けを身に付ける講習です。救急車が到着するまでの間に、人工呼吸などの適切な応急手当を学んでおきましょう。
  • 福祉用具専門相談員
  • 福祉用具をレンタルしたり販売するときや介護指導をするときに、選び方や使い方についてアドバイスをする専門職の資格となります。

情報開示