CAMPUSLIFE

  • >大学案内
  • >学科・コース案内
  • >入学案内
  • >キャンパスライフ
    • >キャンパスカレンダー
    • >サークル活動
    • >学内散策
    • >生活情報
  • >支援システム
  • >アクセス
  • >コミュニケーション

一人暮らしを支える安心のサポート体制があります。

ひとりで生活することで見えてくることはたくさんあります。
たとえば、育ててくれた家族の愛情、友達とのきずな、先生たちの支えなど……。
目に見えない大切なことに気付く2年間を、充実のサポート体制で支えます。

みんなで食事を作ったり、勉強したり。仲間と一緒だから、安心です!

最初の頃は、親元を離れて暮らすことに対する不安な気持ちもありましたが、勉強やプライベートのことを何でも相談できる仲間が身近にいるので、すぐに慣れました。金銭的な面でも一人暮らしより負担が少なく、何より親が安心してくれています。全館個室でプライバシーもしっかり確保できるのも魅力です!

幼児保育学科 藤川 紗智香さん

(多良木高等学校 出身)

掃除、洗濯、料理など、何でもできるようになりました!

1人暮らしは、自由な反面、掃除、洗濯、料理など、自分でしなければならないこともいっぱい!親のありがたみを痛感し、感謝の思いが芽生える一方で、生活費をやりくりしたり、料理のレパートリーを増やしたり、いろいろ工夫する楽しさを知りました。休みの日は、友達に手料理をごちそうしたりすることもあり、1人暮らしをエンジョイしています。

幼児保育学科 福岡 瑞規さん

(南稜高等学校 出身)

家族に友達。住み慣れた環境で大学生活を楽しめます!

今までの環境を変えたくなくて、自宅通学にしようと決意!実家のある菊池市内から学校に通うには、毎朝6時50分に家を出る日々ですが、家族と暮らす安心感には変えられません。金銭的にも、交通費くらいしかかからないので、節約になりますし、夕方からは実家の近くでアルバイトをしています。平日は短大でしっかり勉強し、休日は、家族や高校時代の友人とのんびり近所の温泉に行くなど、メリハリのついた日々が私にはぴったりです。

幼児保育学科 元村 華さん

(翔陽高等学校 出身)

>ページトップへ