CAMPUSLIFE

  • >大学案内
  • >学科・コース案内
  • >入学案内
  • >キャンパスライフ
    • >キャンパスカレンダー
    • >サークル活動
    • >学内散策
    • >生活情報
  • >支援システム
  • >アクセス
  • >コミュニケーション

一人暮らしを支える安心のサポート体制があります。

ひとりで生活することで見えてくることはたくさんあります。
たとえば、育ててくれた家族の愛情、友達とのきずな、先生たちの支えなど……。
目に見えない大切なことに気付く2年間を、充実のサポート体制で支えます。

女子寮だから、
親も安心しています。

最初はホームシックになるかなと思ったんですけど、同じ立場の友達がたくさんいるので、さびしいと思ったことはないですね。恋愛相談や、勉強会など、みんなで集まることも多いんですが、気になることは、すぐにアドバイスをもらえるので、一人で考え込まずにすむんです。親も安心してくれています。女子寮だから、親も安心しています。

幼児保育学科2年 榎園 千穂さん

      (神村学園高等部出身)

人に頼らず、自分でできるんだ
という気持ちが生まれました。

「自分一人で生活をしてみたい」という思いでアパート暮らしをはじめました。高校時代は一度も料理をしたことがありませんでしたが、今ではほとんど自炊しています。実家に帰った時に両親に煮物をご馳走したら、とても喜んでくれました。ごみ捨てや掃除など、慣れないうちは大変でしたが、今では習慣として自然にできるようになりました。やってみたら自分で何でもできるんだということに気づき、いろんなことに積極的に取り組めるようになりました。

幼児保育学科1年 笹田 麻耶さん

      (多良木高等学校出身)

住み慣れた環境から通えるのが魅力。
両親も安心しています。

生活の基盤を住み慣れた熊本市内に置き、新しい生活にのぞめたので、不安になったりすることがありませんでした。アパート代などの出費を抑えることもできるし、学校帰りにバイトもしているので、金銭的に余裕ができるのも魅力。親と毎日顔を合わせるので、安心してくれています。

幼児保育学科2年 平山 綾花さん

        (尚絅高等学校出身)

>ページトップへ