CAMPUSLIFE

  • >大学案内
  • >学科・コース案内
  • >入学案内
  • >キャンパスライフ
    • >キャンパスカレンダー
    • >サークル活動
    • >学内散策
    • >生活情報
  • >支援システム
  • >アクセス
  • >コミュニケーション

一人暮らしを支える安心のサポート体制があります。

ひとりで生活することで見えてくることはたくさんあります。
たとえば、育ててくれた家族の愛情、友達とのきずな、先生たちの支えなど……。
目に見えない大切なことに気付く2年間を、充実のサポート体制で支えます。

女子寮だから、友達いっぱい。
ホームシックになりません!

仲間がいっぱいいて、楽しいのが寮のいいところ!友達と勉強したり、パーティーをしたりと、ホームシックにならずにすんだのは同じ目標を持つ友達がいつもそばにいてくれるからだと思います。お部屋は全館個室だから、一人で本を読んだり、音楽を聴いたりする時間もしっかり確保!親も安心してくれています。

幼児保育学科2年 豊永あかねさん

      (南稜高等学校出身)

一人で生活できるんだ!と自信がつきました。

「親元を離れて、自由に生活してみたい」という思いから、アパート暮らしを始めました。暮らし始めると、疲れて帰ってきてもご飯もお風呂も自分で準備しなければならず、親のありがたみを痛感しましたね。今では、節約のために朝からお弁当を作ったりするなど、経済感覚が身につき、“一人で生活できる”と自信がつきました。友達と勉強会やパーティーをするなど、毎日をエンジョイしています。

幼児保育学科2年 岩元 愛衣さん

      (神村学園高等部出身)

出費も抑えることができるし、家族も安心してくれています。

熊本市内の実家から、短大に通っています。朝は、6時半に起きて学校に向かいますが、八代駅から学校までは送迎バスもあるし、苦にはなりませんね。夕方は6時ころには帰宅するので、夕食は家族と一緒にとります。アパート代などの出費も抑えることができるし、金銭的にも余裕ができるのも魅力ですね。親も安心してくれています。

幼児保育学科2年 森下 朋美さん

        (翔陽高等学校出身)

>ページトップへ