経営福祉学科
介護福祉士コース

超高齢社会・長寿社会を迎え、人の健康・福祉に関する問題が大きな社会的課題になっています。

このような社会状況に適切に対応するために、介護福祉士コースでは人と人との関わり合いやコミュニケーション能力、生活知識の習得をベースに、介護関連の知識や技術、パソコンスキル、心理学などを幅広く学びます。

「温かい人間性」と時代に適合する経営感覚を持つプロの介護福祉士を養成します。

現役生 Interview

目標があれば、勉強は楽しい! 短大で君を待つ輝く学生たちの声

学生利用者様の立場に立って、 サポートできる介護福祉士を目指す。

私はもともと人と話すことが好きで、中学校の時に福祉関係の仕事をしたいと思い、秀岳館高等学校の保健福祉コースに進学しました。

福祉について学ぶ中で看護にも興味を持ちましたが、高校2年生の時に祖父が認知症になったことをきっかけに本学の介護福祉士コースを選びました。

本学は先生方がとても優しく、クラス内も皆仲が良く、学友会では他のコースの学生たちとも協力し合って行事を進め、楽しいキャンパスライフを過ごしています。また、介護に関する勉強だけでなく、看護など他の関連領域の勉強もできます。

学内実習では、実際に地域の介護事業所の方が本学に来学され現場の話をしてくださったり、実技方法を直接ご指導くださり、とても勉強になりました。卒業後は、まずは利用者さまの立場に立ってサポートできる介護福祉士を目指したいです。

経営福祉学科 介護福祉士コース 吉村 咲紀(秀岳館高等学校 卒業)

学生利用者さんの言われたことを真摯に受け止め、行動に表せる介護福祉士になりたい

私は中学生の時に祖母が怪我で立てなくなり、自分が上手く世話をすることができなかったことをきっかけに、介護について学ぼうと芦北高校の福祉科に入りました。

高校時代の実習で「ありがとう」と言われることにやりがいを感じ、介護福祉士についてもっと深く学びたいと思うようになりました。本学へはさらなるステップアップのために進学しました。

先生方は、もともと介護福祉や社会福祉、医療などといった現場をご経験されているため授業内容も分かりやすいです。また、分からないことがあってもいつでも質問ができる環境にあるため、そこも介護福祉士コースの魅力です。

卒業後は、地元で就職し、利用者さまの言われたことを真摯に受け止め、行動に表せる介護福祉士を目指します。

経営福祉学科 介護福祉士コース 下村 真広(熊本県立芦北高等学校卒業 卒業)

OB・OG

カリキュラム

将来を見据えたキャリア支援カリキュラム

昨年から、キャリア支援カリキュラム「ライフプランニング」が新設されました。

このカリキュラムでは、学生がどのようなキャリアに適性があるのかを、専門教員との面談や試験、講義などを通じて探っていきます。

少人数のゼミ形式で行われるので「自分に合った仕事を見つけたい」という学生に対し、こまやかな指導をしていきます。

カリキュラム

取得できる資格

  • 介護福祉士(国家試験受験資格)
  • 介護の専門的な知識や技術を持ち、身体・精神に障害があり日常生活に支障がある方の介護や、家族の方に指導をする国家資格です。
  • 社会福祉主事任用資格
  • 福祉事務所等で働くケースワーカーになるために必要な資格で、福祉施設での採用条件になることも多々あります。
  • 普通救命講習
  • 万が一に備えて、救急の手助けを身に付ける講習です。救急車が到着するまでの間に、人工呼吸などの適切な応急手当を学んでおきましょう。
  • 福祉用具専門相談員
  • 福祉用具をレンタルしたり販売するときや介護指導をするときに、選び方や使い方についてアドバイスをする専門職の資格となります。

情報開示